FX夢現オフィシャルWEBサイト

FX勝ち組トレーダーになるための手法や実践情報をお届けします

FXの少額投資は初心者でも安心して稼ぎ続けることができる

FXを始めるときには、まずは少額投資から始めて経験を積んでいくことが大切です。少額から始める場合は、一度の取引で大きな利益を出しにくいという特徴がありますが、元手の資金が少ないために損失がでても少額に抑えられますし、ストレスも少なく安定したメンタルでFXの取引経験を積んでいくことができます。FXで儲けたいという人も、まずは少額から始め、エントリーや利確、損切りの経験を積んでFXのスキルを上げていきましょう。

初心者向けFXの始め方

FXの始め方は難しいと思われがちですが、とても簡単です。特に少額投資の場合は最初に用意するお金も少なくてすみ、誰でも気軽にFXを始めることができます。証拠金を入れてレバレッジを掛ければ大きな利益を狙えるのがFX取引ですが、大きな金額から始めるとリスクが高いため、FXの初心者は少額から始めた方が安心です。

FXを行うには、FX口座を開設して証拠金を入れればすぐに始めることができます。口座の開設には、本人確認書類の提出が必要ですが、手続きから数日ですぐに口座を開設できるので、始めたいと思ったときにFXを始めることができます。また、少額から取引を行うことが可能なため、最初の負担を抑えながら気軽にFX投資をはじめることも魅力です。FX会社によっても異なりますが、最低4円からトレードができるところもありますので、ゲーム感覚でFXを始めてFXの手法やコツを身に着けていくこともできます。

以前では30万円ほどの証拠金がないとゆとりをもってFX取引をすることができなかったのですが、SBIのFXトレードでは、「口座開設料無料」「口座維持費用無料」「取引手数料無料」「クイック入金手数料無料」「出金手数労無料」「ロスカット手数料無料」といったように、様々な手数料が無料となっていますので、コストがほとんどかかりません。また、1ドルから取引が可能となっており、まとまった資金が必要ではなくなったことから、少額FXを気軽に始められるようになりました。少額からFXを始めたい人は、SBIのFXトレードのように、少額投資に対応しているところで口座開設をするようにしましょう。

FXの少額投資でも利益は出るの?

FXの少額投資をしたいけれど、少額から始めると利益が出ないのではないか、FXである程度利益を出したいと思うのであれば、少額から始めると遠回りするのではないかと考える人もいるでしょう。確かに、少額の証拠金からFXを始めた場合は、レバレッジを掛けても取引できる額は限られるため、一度の取引で大きな利益を出すことは難しいと言えます。しかし、FXの少額取引ならではのメリットもあります。

FXの少額取引の場合は、取引時にかかるストレスが少なくなるので、より冷静に判断を下せるようになります。特にFXを始めたばかりの頃は、大きな額の取引をしているとそれだけで怖くなって正確な判断ができなくなる場合もありますし、また逆に、大きな利益がとれるのではないかと儲けの期待ばかりをしてしまい、レバレッジを大きくしてリスクを軽視してしまった結果、ロスカットとなり大きく資産を減らしてしまうこともあります。FXのトレードに慣れ、どのような状況でもある程度冷静に判断できる力がつくまでは、気軽にトレードができるFXの少額取引をおすすめします。

FXの少額取引でスキャルピングは可能?

FXでの少額取引は、リスクは低いものの、一度に大きな利益を出すことは難しくなっています。しかし、小さな利益を積み重ねていけば、大きな利益につながりますので、FXの少額取引の場合は、取引回数を多くして、少しの利益を積み上げていくことが大切です。そういった意味では、スキャルピングの手法はFX少額投資に適していると言えます。

スキャルピングは1分から5分程度の短時間の間にエントリーから決済までを行い、それを何度も繰り返すことで、少ない利益を積み上げ、大きな利益にしていく方法です。何度も決済をするので手数料がかかるFX口座の場合はある程度コストが必要になる場合もあります。しかし、すぐに決済するので「少し目を離していたすきに価格が下がっていて大きな損をしてしまった」ということが少なく、「損害が少ない取引方法」としてもスキャルピングを好む人は多いようです。大きなポジションを持つと緊張して冷静な判断ができなくなってしまうなど、高額取引は苦手と感じる人は、少額でスキャルピングに取り組んでみると良いでしょう。

スキャルピングでは1時間足や4時間足ではなく、1分足から3分足、5分足などの時間軸が短いチャートを見るようにしましょう。テクニカル分析の方法は長い時間軸のものも、短い時間軸のものも変わりはありません。しかし、1分足から5分足の短いものばかりを見ていると、大きな流れを見逃してしまうことがありますので、一定時間ごとに1時間足から日足までをチェックするようにしましょう。価格がもみ合っている場合は、その後に上昇もしくは下落といった大きなトレンドが起こることが多いので、そこを狙ってスキャルピングすることをおすすめします。

FXは少額投資でもハイレバで儲かる

FXの少額投資は初心者でも安心して稼ぎ続けることができるFXの少額投資は、少ない資金から取引をすることができるため、リスクを少なくすることができます。少額投資でレバレッジ率を低くすると、大きな取引をすることはできませんが、ハイレバで取引をすると、少ない資金である程度大きな金額を動かすことができ、大きな利益を得られる可能性も高くなります。

例えば、元手が1万円で300倍のレバレッジを掛ければ300万円分の取引ができることになります。日本のFX口座では大きなレバレッジを掛けることはできませんが、海外のFX口座の中には数百倍のレバレッジを掛けることができるものもあり、少ないリスクで大きな利益を狙いたい、という場合は海外のFX口座での取引にチャレンジしてみても良いでしょう。

ただ、ハイレバで取引をして、予想とは逆の方向に相場が動いてしまった場合は、一瞬でロスカットされる場合がありますので注意が必要です。少額でハイレバの取引は、大きな利益が期待できる反面、すぐに証拠金がなくなってしまう可能性もあり、「勝つか負けるか」といった博打のような取引になってしまう場合があります。たとえ少額であっても、資金がなくなってしまうのは辛いという人は、少額の資金であってもハイレバを掛けず、こつこつ小さな利益を積み重ねていく方法をおすすめします。

FXを始めるときは少額投資がおすすめ

FXを始めるときは、資金が潤沢にある人でも、まずは少額投資をおすすめします。FX初心者は、不安を感じつつも「FXで大きな利益が得られるかもしれない」と期待しているものですが、FX取引では勝つときもあれば負けるときもあります。

テクニカル分析を行ってエントリーポイントを検討し、実際に注文を出したり、利確や損切りの判断を素早く行うには、実際に取引をしながら経験を積んでいくことが大切です。少額からFXをはじめると、損をしても大きく負けることがないため、冷静に判断ができるようになります。

しかし、はじめから大きな資金を使って投資をしてしまうと、「FXで負けたくない」「儲けたいけれど、もしも大きく損をしたらどうしよう」といったように、常に不安を感じてしまってストレスがたまり、安定したメンタルで取引をすることができなくなります。すると「利確を早まってしまう」「狼狽して間違った注文を出してしまう」「損切りの判断が遅くなってずるずると大きな損失が出てしまう」といったようなことが起こります。FX投資ではメンタル面が重要であると言われており、急な動きに対して冷静に判断できる精神力も必要なのです。FXを1万円、2万円といったような少額投資から始めると、ストレスが少ない状態で経験を積んでいくことができるのでおすすめです。まずは経験を積んでから大きな資金でチャレンジするようにしましょう。