「チャートをずっと見ていると、どうしても値動きに惑わされて、ルール通りのトレードが出来ない」

こういう方はエントリー後、指値と逆指値を設定してチャートは見ないようにしましょうというアドバイスをしている方が多いですが、私はおすすめしません。

その理由を解説していきます。

決済スキルの必要性

どのような手法であっても、エントリーには明確なルールがあり、その通りに行えば良いのですが、決済はそうではありません。

手法によっては「インジケーターがこうなったら決済」とか「何pipsで決済」というルールがありますが、本来決済はそんなに単純にするものではないのです。

トレードは決済して初めて損益が確定します。

つまりエントリーよりも何倍も決済の方が重要なのです。

エントリーはルール通りに行えますが、決済はエントリー後の値動きによって、そのパターンは千差万別です。

その千差万別の相場に、決められた決済パターンを当てはめること自体がナンセンスなのです。

分かりやすく言えば、FXで勝てるようになるためには「決済スキル」を上げる必要があるわけです。

指値・逆指値の自動決済の弊害

どんなにベストなエントリーが出来ても、決済で失敗してしまえば何の意味もなくなります。

逆に多少エントリーに失敗したとしても、決済でリカバリーは出来ます。

そのように重要な決済を、単純に指値逆指値で設定してしまうと、決済スキルは全く上がらないのです。

FXは実践トレードを繰り返し、その経験値を高め、トレード判断スキルを上げていくことで勝てるようになってきます。

それなのにチャートを見ないで、自動的な決済をしてしまうと、全くトレード判断が身に付かず、特に重要な決済スキルが身に付きません。

値動きに振り回されないメンタルトレーニング

またチャートを見ながらトレードする事で、メンタルのトレーニングにもなります。

どうしてもチャートの値動きが気になってしまいますが、その中でトレード判断を行い、どんな値動きをしようとも、その判断通りにトレードを行うには、値動きに惑わされないメンタルが必要です。

「自分の目で見て判断する」

完全自動売買をするなら話は別ですが、裁量が少しでも入ってくるのであれば、これは避けられない事です。

しかもそのメンタルは一朝一夕には身に付きません。

実践トレードを繰り返し行い、経験を積み重ねて初めて身について行きます。

そのため日頃のトレードから行う事が重要で、自動決済をするという事は、そのスキルアップのチャンスを、自分から逃している事になります。

その結果、決済スキルが上がらず、いつまでたっても勝てるトレーダーにはなれないのです。

負けトレーダーは負けるべくして負けている

負け組トレーダーのほとんどが、「楽して勝ちたい」「すぐに勝てるようになりたい」と考えるのが負ける理由です。

またそれでも勝てるという間違った情報を信じてしまっているのです。

人は自分に都合の良い情報を信じやすいものです。

しかしFX相場はあなたの都合なんて全く関係なく動いています。

自分の都合を優先するのではなく、相場に自分を合わせなければ、FXで勝ち続ける事は出来ません。

その勝つポイントこそが【決済】なのです。

どうしてもパソコンから離れなければならない場合は仕方ありませんが、可能な限りチャートを目の前にしてトレードするように心がけて下さい。