1分足でリバウンド狙い

FXチャートは、どんなに強いトレンドでも波を打って推移している

相場が大きく動いたとき、チャンスと思ってトレンドの方向に予想してエントリーする人がほとんどです。トレンド相場ではトレンドフォローと呼ばれるように、順張りでエントリーするのが勝つためのセオリーと呼ばれています。しかし、トレンド相場というのは同じ方向に向かって一直線に値動きすることはありません。つまり、同じ方向に進んでいくときでも、波を打ちながら進んでいくことが考えられます。例えば、上昇トレンドであれば、全体としては値上がりしていきますが、その反動で値下がりするポイントが何か所か存在することになります。これが起きるひとつの要因は、トレンド相場で利益確定の決済が行われているからです。つまりトレンドフォローを行った投資家が、ある程度利益が出たと思ったら利益を確定させる決済を行っていることを意味します。

今回紹介するリバウンド狙いの手法は、トレンド相場で発生する反動を狙うものです。一般的には「リバウンド狙い」などと呼ばれ、意外とこの手法を愛用している人がいるものです。ただし、相場の流れに逆らってエントリーするため、エントリーポイントを間違えると、大きな損失を抱えてしまうことを忘れてはいけません。また、ある程度経験や勘を頼りにトレードすることが求められます。超短期売買なので、ある種運動神経のようなものが求められているかも知れません。

トレンド相場の見極め

この手法はトレンド相場で大きな力を発揮します。もちろんレンジ相場において、ボックスの上限や下限付近で逆張りのエントリーをしてもよいのですが、トレンド相場でのリバウンドに比べると、値動きが小さい傾向にあります。やはり、トレンド相場で大きなリバウンドを狙っていくのがベターだと言えます。トレンド相の特徴としては、ある一定方向に値動きしていることですが、このことをチャートで確認していきましょう。

売買は短期のスキャルピングで行いますが、まずは1時間足を見て相場の流れを掴みます。

1時間足でトレンドの確認

チャート画像の緑で囲った箇所がトレンド相場と言えます。ローソク足が長く、陰線・陽線が何本か続いているのが特徴です。緑で囲った箇所の間はローソク足が短く、陰線と陽線が交錯しているため、レンジ相場であると判断することができます。

FXの相場はレンジ相場とトレンド相場しかありません。リバウンド狙い手法で は、レンジ相場が終了したとき、あるいはトレンド相場が転換したときに、上昇トレンド、あるいは下降トレンドの判断を行います。判断の補助として、トレンド相場でトレンドラインや移動平均線をブレイクしたとき、レンジ相場でレジスタンスライン、サポートラインをブレイクしたときを基準にすればよいでしょう。判断基準は個人によって様々なので、自分の基準でトレンド相場の判断をすることをお勧めします。

リバウンド手法のエントリーポイント

次に具体的なエントリーのポイントについて説明します。1時間足チャートを見てトレンド相場であると判断できれば、エントリーポイントを待ちます。

エントリーポイントはトレンド相場で大きな値動きがあった箇所です。FXの相場では、トレンド方向に大きく値動きしたら、必ずと言っていいほど、リバウンドと呼ばれる値戻しが発生します。トレンド方向への瞬間的な値動きが大きければ大きいほど、リバウンドも大きくなる傾向にあります。焦らずにじっくりとチャートを観察して、チャンスが来るのを待ちましょう。

また、瞬間的な値動きの大きさに加えて、トレンド自体の強さもリバウンドの大小を決める要因になります。これはチャートで確認することが可能です。ローソク足の傾きが急であればあるほど、強いトレンドが発生していることになります。それでは画像でエントリーポイントを確認していきましょう。

1分足でリバウンド狙い

チャートはドル円の1分足チャートです。リバウンド狙いの手法では、数秒~数分という超短期決戦です。今回はドル円のチャートを紹介しますが、通貨ペアはユーロドル、ユーロ円、ポンド円など、なるべくスプレッドの狭いものを選ぶとよいでしょう。

さて、1時間足などを確認して、相場が下降トレンドにあることを確認したあと、スキャルピングを行いやすいように、1分足のチャートに切り替えます。緑色で囲った箇所はどこも、トレンド方向、つまり下向きへ動いた箇所です。印を付けた箇所を境目にリバウンドしていることが分かります。この地点において、逆張りでエントリーすれば、利益を得ることができます。このエントリーポイントは絶対的な基準がないので、ある程度自分の裁量で行う必要があります。経験を積んでコツを掴んでいくしかないでしょう。

そうは言っても何とかして勝率を上げたいものです。いまひとつコツを掴めないという人は、チャート上の重要ポイントでエントリーすることをお勧めします。例えば、レジスタンスラインやサポートラインなどの重要ラインです。またはボリンジャーバンドやエンベロープなどのオシレーターインジケーターのラインも、一つのエントリー基準となります。つまり多くの投資家が意識するラインでは、トレンド方向への値動きが一時的にストップし、リバウンドが発生する確率が高くなるという事です。

気を付けて頂きたいのが、「多くの投資家が意識するライン」という事です。よく知られているメジャーなインジケーターやラインでなければ効果は薄くなります。最初はいろいろなラインを引いて、一番リバウンドが多いラインを基準にしても良いでしょう。大切なことは、「必ずリバウンドする」という明確なラインはないという事です。実践を通して、自分で見つけるしかありません。

リバウンド手法の決済ポイント

エントリーすれば、次に考えるべきことは決済です。この手法での決済のコツはとにかく素早く行うことです。特に意識すべきは損切りです。投資で勝とうと思えば、必ず1回あたりの損失を最小限にとどめる必要があります。エントリーしてみたけれど、リバウンドが発生しなかったり、そのままトレンド方向に値動きしたりしたときは、瞬時に損切り決済を行います。損切り決済が苦手な人はあらかじめストップロスの注文を入れておくことをおすすめします。

1分足でリバウンド狙い

一方で利益確定の決済はどうでしょうか。再びさきほどのチャートを見てみましょう。緑で囲った場所でエントリーした後、利益が乗ればすぐに決済を行います。緑で囲った場所の中や、少し右上で決済すれば利益が出るはずです。もちろん、チャートの画像からも分かるように、すぐに利益確定の決済をせずに、しばらく待っていた方が大きな利益を手に入れられる場合もあります。

しかし、トレンドの波に逆らってエントリーするということは、一瞬にしてトレンドの波に飲み込まれてしまう危険性を抱えていることを意味します。トレンドが強ければ強いほど、この危険性は高まります。それを防ぐためにも数秒から数分で決済する必要があるのです。利益確定の決済はゆっくり行うべき、というのはよく言われていることですが、リバウンドを狙うときはそうはいかないことをしっかりと頭に入れておく必要があります。

余計なトレードをするくらいなら、逃してしまう方が良い

今回は、トレンド相場でリバウンドを狙う手法を紹介しました。最初のうちは、特にエントリーポイントの判断が上手くいかず、損失を抱えてしまうことが多々あると思います。上昇トレンドであれば、上がりきったところ、下降トレンドであれば下がりきったところでエントリーするのがベストですが、これらを待ちきれずに、エントリーしてしまい、さらにトレンド方向へ値動きしてしまうということも何度も経験すると思います。

このリバウンド手法では、とにかく待つということが大切です。待った結果、リバウンドを逃してしまうこともあると思いますが、損失が出てないのだからOKと割り切ることが大切です。いくらでもチャンスは巡ってくるので、気長に待つことがトータルで利益を出すためには必要です。

最後になりますが、リバウンドを狙う手法は、スピードもテクニックも必要ですので、FX取引を始めたばかりの初心者や、スキャルピングが苦手は手を出さない方が良いかも知れません。