FXで勝ち続けている人

FXはゼロサムゲームである

FXで勝ち続けている人FXは究極をいってしまえば、「上がる」か「下がるか」のどちらか一方です。こう考えると勝つ確率というのは50%にもなり、誰でも勝てる可能性があるように思えますが、実際のところは「FXで勝ち続けている人は全体の10%しかいない」と言われるほど、一握りのトレーダーが旨みを得る仕組みになっているのです。ただ、これらを裏付ける確証的なデータや統計があるわけではないので、必ずしもこの限りでないことも確かではあります。しかし、FXはゼロサムゲームでもあるので、勝った人がいれば必ず負けた人も存在します。一般的な割合として上記のように「勝ち続ける人は1割」と言われているので、FXでは9割の人が負けていることになりますが、その負けるスピードも人によってそれぞれ異なってきます。一か月で資金を失う人もいれば、数年かけて資金を失う人もいて、「負ける」という同じカテゴリーに属していても、そこには“差”が生じるのです。ですが、そのカテゴリーで入れ替わっているのは市場参加者であり、多くの場合FX初心者がその対象となっているのが現実としてあるのです。

勝ちトレーダーになる為に

これからFXを始めようと考える人であれば、「勝ち続ける1割」を目指す事になりますが、この数値を聞く限りでは無謀な挑戦と思う人も多くいます。しかし、残りの9割を見渡してみれば分かりますが、FX初心者(新規参入トレーダー)が多くの割合を占めているので、前述した数値よりもハードルは低いものだと思います。そこには、「FXは簡単」、「短時間で稼げる」といった誇大広告やネット情報を鵜呑みにした人が多く存在しているので、そういったFXに関しての知識や準備を怠った人々と一線を画すことができれば、「勝ち続ける1割」に入る事は夢ではないといえるでしょう。ただ、知識や準備をしたからといって全てのトレーダーが勝てるかといわれれば、そうとも限らないのです。何故ならFXはゼロサムゲームになるので、「全ての人が勝つ」ということはあり得ないからです。ですが、少なからず勝ち続ける1割に属する人は、そうでない人よりも圧倒的な知識量や準備をしているので、勝つ為には最低限意識しなければならないといえるのです。

常に一定の取引を行う為に「マインド」が重要となる

FXで負ける人の中でも、初心者は特に資金を失うスピードが早いです。そこには“欲望”に負けて、一攫千金や一発逆転を狙ったトレードをしている事が原因としてあるのです。FXでは知識や技術も勿論大切になりますが、「マインド」も同じくらい大切になってきます。いくら知識量があっても、いくら資金があっても、いくらトレードスキルがあっても、トレーダーとしてのマインドが出来ていなければ資金を失うことになります。それに、この「マインド」はトレード資金が増えるにつれ、そして負けている時こそ重要度が高まってくるのです。

順調に勝つ事ができて資金を増やした場合や取引を始める資金量が多い場合には、更なる利益を追求してしまい感情を抑える事が出来なくなってしまう事があります。「負けてもいいや」、「損失を抱えてもいずれ値が戻るからいいや」といった甘い考えによって、ルールを無視したトレードを行い、結果的に足元をすくわれてしまうのです。こうした場合だけでなく、負けが続いている時も同様で、感情をコントロールできなければ、一発逆転を狙って必要以上に大きなポジションを保有してしまうので、更に資金を減らしてしまう結果に繋がってしまうのです。従って、たとえ勝つ事で資金が増えても、負ける事で資金が減っても、同じ感情でトレードを行う事ができなければ、「勝ち続ける1割」に入る事は困難となるのです。トレードに感情が入ってしまう事で、客観的な判断が出来なくなり、自分で定めたルールや規律を守る事が出来なくなってしまうので、FXにとってマインドは重要な存在といえるのです。

相場に長く残る為にも徹底した管理を

全体の10%FXで利益を出す為には勝たなければなりません。しかし、「勝率100%」というのはプロトレーダーでさえも成せる業ではないので、勝率だけでなく利益額を管理しなければなりません。FXでの収支をプラスにする場合は、利益を大きくして損失を小さくしなければ収支がプラスになることなく、こうした「損小利大」のトレードがFXでは理想となりますが、実際には言葉で発する以上に難しいものがあります。ですが、勝率と利益額を管理する事で、トレードの改善点や修正点を把握する事が出来、収支をプラスに転じさせる具体的な術を視覚化する事が出来るので、トレードの管理を行うことが必要となるのです。その中で最低限管理しなければいけないのが「勝率」と「リスクリワード」となります。

「勝率は」単純にトレードが利益で終えたか、損失で終えたかを管理する事に対して「リスクリワード」は、利益額(pips)と損失額(pips)のバランスのことを指します。その計算方法ですが、トレードにおける利益額(pips)と損失額(pips)の比率を計算したもので、例えば一定のトレードで利益12,000円(12pips)、損失10,000(10pips)だったとしましょう。12,000円(12pips)÷10,000円(10pips)=1.2となり、この1.2という数値が大きくなるほど優れた手法であるとされています。しかし、リスクリワードだけでなく、同時に勝率についても考える必要があるのです。何故なら、このトレード自体の勝率が低いものであれば収益がプラスに転じる事はないからです。例えば、このトレードの勝率が30%だったとしましょう。この時10回トレードを行ったと仮定したら3回勝ちトレードで7回負けトレードとなります。つまり、10回のトレードで利益額36,000円(36pips)に対して損失額70,000円(70pips)となるのです。

では、勝率が60%だったらどうでしょうか?

10回のトレードで勝率60 %と仮定すると、利益額72,000円(72pips)に対して損失額40,000円(40pips)となります。要は、勝率が低い場合はリスクリワードを高めるようにしなければならないのです。

理想としては、勝率とリスクリワードの2つを高めることができれば問題ありませんが、実際にトレードしてみるとそう思い通りにはいきません。そうなったときに、勝率とリスクリワードの関係性を認識している事で、「トレードの改善すべき点」が見えてくるようになるのです。

欲深く追い求めてはいけない

投資の格言では「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉があります。利益を伸ばすことは決して悪い事ではなく、底値で買って高値で売るトレード自体も理想としてはあります。ただ、すべてのトレードで行うのは不可能なことであり、その“欲”がトレードに出てしまうと「逆張り」をしてロスカットになる危険性があります。確かに、急激な上昇や下落の際には「そろそろ止まるだろう」という心理が働き、高値(底値)でポジションを保有して、トレンドのすべてを取りたい気持ちになりますが、こうした「値ごろ感」や「感覚」でのトレードが最も危険を伴うのです。そのトレードの多くは、損失が出たとしても決済する事が出来ずにポジションを保有する場合が多く、人によっては「ナンピン」をする事さえあるのです。従って、「頭と尻尾はくれてやれ」という余裕を持ったトレードが投資には重要となってくるのです。