レンジ相場を判断する

https://youtu.be/_Qn9qVYloAs

初心者には初心者なりの勝つ手法があります

FXといえば、難しいイメージがあると思います。実際私もそうでした。為替レートはどうやって決まるのか、テクニカル分析はどのツールを使ってどうやって行うのか。特に初心者のうちはいろいろ不安が付きまとうものです。雑誌やインターネットのサイトを見ると、ありとあらゆるFXの手法が紹介されていて、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析など、どれもとても難しそうで、取っつきにくい印象のものが多くあります。私もいろいろ勉強しては手法を試したのですが、うまく行った試しはありませんでした。

それもそのはず、FXトレーダーの約9割は負けていると言われ、トータルで勝っている人の方が珍しい世界なのです。FX手法を勉強して実践しただけでは、勝てないということを意味しています。人それぞれ、性格や資金額が違うため、ある人には向いていても、別の人にはまったく向かないということも多々あるでしょう。エントリーの判断やエントリーポポイント、決済ポイントで人それぞれ微妙に違いがあるのです。そのため、ある程度経験を積みながら、自分が勝てる手法というのを編み出していくしかありません。とは言っても、数多くあるFX手法。初心者にとってどれから試していけばよいのか、検討も付かない人も多いのではないでしょうか。そういう人に試してもらいたい手法を今回は紹介していこうと思います。

レンジブレイク手法の狙い

今回紹介するのは、レンジ相場からのブレイクアウトを狙う手法で、初心者でも比較的予想を立てやすいと言われています。この手法では難しいテクニカル手法は必要ありません。レンジ相場をブレイクアウトしたときにエントリーするという極めてシンプルな手法です。そもそも相場には大きく分けて2種類あります。ひとつはある値とある値のボックス圏内で上下を繰り返すレンジ相場です。売り買いが均衡しており、一定の値幅で上がったり、下がったりする相場のことをいいます。トレンド相場とはその逆で、一定方向に値動きしている相場のことです。そのような相場では、ある方向に向かって一直線に値動きする場合や、小さく波打つように上下を繰り返しながら、安値(高値)を切り上げ、高値(安値)を更新していく場合があります。いずれの場合にしてもトレンド相場が始まった地点でエントリーすれば、利益につながるというわけです。

今回紹介する手法ではレンジ相場からトレンド相場に移る瞬間を狙っていきます。レンジ相場のボックスを抜け出した瞬間がエントリーポイントになります。レンジ相場というのは、トレンドの方向感が失われている状態です。それがトレンド相場に移ると、レンジ相場で蓄えられた力が一気に同じ方向へ動くので、勝率が上がりトレードあたりの利益が比較的大きくなる傾向にあります。なぜこのような現象が起きるのか考えてみましょう。たとえば、レンジ相場を上方向へ抜けると、投資家たちはこれから上昇すると考え、一斉に買いでエントリーします。さらにストップロスの決済注文を巻き込んで、一気に値動きすることが多くなります。ここでエントリーすれば、高確率で上昇トレンドの相場となることが予想できます。それでは具体的な手法について説明していきます。

レンジブレイク手法の具体的トレード方法

レンジ相場を判断する

はじめにやるべきことは、レンジ相場を見つけることです。通貨ペアを見比べて、現時点でレンジ相場にあるものを見極めていきます。通貨ペアは何でもよいのですが、できればドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルなど、スプレッドの狭い主要通貨ペアから選ぶことをお勧めします。上の画像はドル円の1分足のチャートです。黄色で囲った箇所がレンジ相場です。レンジ相場を見極めは、同じ値幅でレートが上下動を繰り返しているので、わかりやすいと思います。

レンジ相場を抜ける

次にボックスの上限と下限を見極めて、水平線を引きます。この水平線がレンジブレイクを判断するときの目安となるので、きっちりと見極めることが大切です。あらかじめ引いておいた水平線を抜けるのをひたすら待ちます。ボックス内の上限、下限どちらでもよいので、抜けたらエントリーします。画像の緑色で丸く囲んだ場所を見ると、レンジ相場の上限を上抜け(超えて)いることがわかります。ここがエントリーポイントとなります。

ある程度の利益が出たら決済する

あとは利益が乗るのを待ちます。スキャルピングであれば、ブレイクアウト後、値動きが一段落したときに決済します。画像でピンク色の三角形がそれぞれの理想的な決済地点になります。左の三角形ではレンジブレイク後、10分ほどで決済できました。

レンジを抜けても急反転する場合もある

また、利益が乗ってきても、急に反転するときもあります。画像では白色で四角く囲った箇所がそれにあたります。そのときはすぐに利益確定の決済をします。ほおっておくと再びレンジブレイクしたときまで、値戻しがあるかも知れません。スキャルピングはスピードと判断力が勝負ですので、利益を欲張らずに確実に利益を取ることを考えましょう。

レンジブレイク手法の注意点

この手法を行う上で注意点としてはどんなことが挙げられるでしょうか。まず気を付けなければならないのはエントリーポイントです。ボックスの上限下限に引いた水平線を割り込んだ時、エントリーしても、再びボックス内に値が戻ってくるときがあります。いわゆるダマシと呼ばれるものです。

ダマシを防ぐために、レンジブレイクした後、一度値動きがひと段落したところでエントリーしてもよいでしょう。いわゆる押し目買い、押し目売りと呼ばれるものです。ブレイクアウトして一度、値動きが進めば、再び同じ方向に値動きする可能性が高まるからです。そのため、損切をしなければならない状況に陥る可能性が低くなります。

他に考えられる注意点としては損切です。FXでトータルで勝つためには上手く損切することが必須条件と言われています。実際、私もこの損切が上手くできずに、大きな損失を出してしまうことが多々ありました。人間の心理として、損失が出ると、決済のタイミングが遅れ、利益が出ると決済を急いでしまう傾向があります。FXでは損を小さく、利益を大きくすることが大切と言われ、いわゆる「損小利大」と呼ばれ、相場で勝つための格言となっています。つまり人間の心理ではこれとは逆の行動を取ってしまうことになるのです。

ではどうやってこれを克服すればよいのか。ひとつは資金を小さくしたり、レバレッジをかけすぎたりしないことです。自分の収入や保有資産から判断して、この資金であれば損失を抱えてもうろたえることはない、と思える金額で投資するべきです。それでもうまく損切できない人は、逆指値注文をあらかじめ入れておくとよいでしょう。

いきなり難しい手法を行う必要はありません

もちろん、今回紹介した手法も確実に勝てるものではありません。しかし、初心者の方は試してみる価値がある手法と言えそうです。その理由としては、難しいテクニカル分析が要らないこと、レンジ相場とトレンド相場を体感することができることです。シンプルな手法だからこそ、余計なことは考えず、相場の流れを見にもって体験することができるのではないでしょうか。最初に書いたように、人によって性格は様々です。今回紹介したレンジブレイク手法も、エントリーのタイミングや損切など、人によって微妙な違いが生じるでしょう。そのため、エントリータイミングはこのポイントで、損切はこのポイントで、という取引の詳細については、自分で体験してコツを掴むことが大切です。FX取引を経験していくうちに、きっと自分の取引スタイルが見つかるでしょう。