負けトレーダーが意識すべき5つのこと

自分のトレード方法を確認

負けトレーダーが意識すべき5つのこと負けているトレーダーに共通する事として「トレード手法がバラバラ」という事が挙げられます。一貫したトレードをすることが出来ず一回一回のトレードに規則性がないので、トレードに迷いが生じてしまうのです。しかし、ここで勘違いして欲しくないのは“トレード手法が確立していれば勝てるわけではない”という事です。少なからず負けトレーダーに“共通”としている事が、「トレード方法がバラバラである」ということだけであって、たとえ一貫したトレードを行ったとしてもその手法自体に優位性がなければ取引を重ねるにつれて損失が増え、もっといえばその手法自体に優位性があったとしても一貫したトレードができなければ利益を上げることはできないのです。

仮にこうした部分の理解をしていたとしても、改善する事ができなければ資金を失うのも時間の問題となり、結果的に「資金を吹き飛ばしてから問題と向き合う」という事が起きてしまうのです。FXなどの“投資”は自己責任の範囲で行わなければならない難しさもあるので、このように「理解はしていても問題を見過ごしてしまう」ということが多くの負けトレーダーに共通するのです。

問題の立ち位置

自分の取引方法に問題がある場合はすぐに改善する方向へ持っていかなければなりませんが、多くに人はその問題を理解しつつも見過ごしてしまう傾向にあります。その理由には「大きな損失に繋がっていない」、「利益が出ている」、「問題を解決する時間を捻出できない」と様々な理由がありますが、いずれにせよ“問題を放置している”という事の重大性に気付いていない場合が多いです。これはどうしても“今現在”の自分の状況にフォーカスした時に、その問題自体の“優先順位が高くない”と判断してしまうので、後回しにしてしまうのですが、実はその優先順位の付け方自体に問題がある事を理解していないのです。その為、目先の利益や損失ばかりを気にしてしまい、“将来的な損失”には全くといっていいほど興味や重要性を示さないので、時間が経過するにつれて損失額が増えていったりロスカットをしてしまう事に繋がったりしてしまうのです。

確かに、目の前の利益や損失を気にする気持ちも分かりますが、FXでは常に客観的判断をすることが重要であり、それは相場から離れた部分においても同じ事がいえます。エントリーする時だけ客観視できればいいのではなく、相場から離れた「トレード管理」という部分に置いても客観的な判断が必要となるので、目の前の利益や損失にフォーカスするのではなく、全体的な方向性や立ち位置を判断した上での行動が重要となってくるのです。

順張りトレードを意識

負けているトレーダーはトレードに一貫性がなく、すべての相場に対して利益を求めてしまいます。しかし、エントリー回数を増やす事が利益に繋がるわけではないので、そうした場合は損失を膨らます可能性が高くなってしまいます。その為、すべての相場で利益を狙うのではなく、「順張りのみ」とか「逆張りのみ」といった形でトレードを限定してあげると利益を出しやすいかと思います。何故なら、相場で利益を出す事は「トレンドに乗る」ということが重要になってくるからです。

負けトレーダーの場合は「トレンドに乗る事ができずに相場を眺めている」もしくは「トレンドが発生しているのにもかかわらず逆張りエントリーをしている」のどちらか一方が多いです。前者の場合であれば損失を被ることもなくただエントリーチャンスを逃したに過ぎませんが、後者の場合は損失が発生しています。それに、トレンドが発生しているので、時間の経過と共に損失が膨らんでいることから精神的にも苦痛を伴うことになります。しかし、こうした状況でも損切りする事ができずに「ナンピン」もしくは「塩漬け」してしまうトレーダーは多く、その本質的問題は意外にもトレード手法とはまた別の場所にあったりもするのです。

FXと損切り

FXで負けるには負けるだけの原因が必ずありますFXで利益を上げていく事を見据えた時に「損切り」の問題に必ずといっていいほど直面するでしょう。ただ、一口に「損切り」といっても、すぐに損切りしてしまう人もいれば損切りをすることが出来ない人もいます。どちらかといえば後者の方が多い気もしますが、前者のように悩んでいる人がいるのも事実です。いずれにせよ“損大利少”トレードには変わりは無いので、こうした問題を改善しなければ利益を上げることもまた難しくなってしまいます。

しかし、文章にすると簡単に改善できるように思いますが、改善するまでには意外に長い時間を要してしまうでしょう。これは、「メンタル」が関わっているので、改善するまでに時間が掛ってしまうのです。FXとメンタルは切っても切り離せないものであり、人によってもその占める割合も変わってきます。利益や損失が出たとしても淡々とトレードを行う人がいる一方で利益や損失が出ると一喜一憂してしまう人もいます。前者と後者では同じ“損切り”をしたとしても、その後のトレードに与える影響は全く異なり、長い視点で考えるとトレード成績や利益額にも大きな差がでてくるのです。FXにおいては前者の方が望ましいことは言うまでもありませんが、後者の場合でも改善の余地はあります。例えば、IFD・OCO・IFOなどの損切り設定を活用したり、トレードから一旦離れる、といった方法によって改善していくことが期待されます。しかしながら最終的には“自分の意思”に依存する部分が大きいので、強い意志と適切な方法を持ち合わせなければ難しくなってしまいます。多くの人にとってFXでは「メンタルコントロール」が大きな壁となって立ち塞ぐので、勝つ事が難しくなってしまうのです。

トータルでの利益を考える

FXで100%勝つことを望むのは間違った考え方になります。それこそ潤沢な資金があれば話しは別になりますが、個人投資家の多くの場合は限られた資金を運用する事になるので負ける局面が出てくるはずです。しかし、「負ける」といっても次につながる有益なものと、次には繋がらない無益の場合があります。有益な場合は“損切り”になりますが、無益な場合は“ロスカット”になります。ただ、ロスカットでも改善する意思があれば次に繋がりますが、何も改善しようとしなければそれこそ無益にしかなりません。

このように考えると「負ける」事が必ずしも悪いわけではなく、その負けた原因や要因を放置している事が“悪”であることが分かります。それに、FXでは「100%勝つ事を望むべきではない」としましたが、これはトータルで利益が出ていれば収支はプラスになるので、直近で負け越していたとしても何ら問題ないのです。負けない事に越したことはありませんが、「一回や二回の負け」や「負けが連続した時」はどうしても気持ちが落ち込んでしまい、トレード手法の変更を考えてしまいますが、トータルで利益が出ていれば問題ない事を忘れてはなりません。

仮に、直近で大きな損失を出しても、損切りが連続したとしても月ベースや年間ベースで考えた時に“利益が出ている”ということであれば、そのトレード手法は効果的なものになるのです。トレードをしているとどうしても「損失」に意識が集中してしまいますが、一定期間のトータル収支で考えて手法の有効性を確認してもいいのかもしれません。