FX夢現オフィシャルWEBサイト

FX勝ち組トレーダーになるための手法や実践情報をお届けします

FXオシレーター指標であるRSIをトレンド相場で有効に活用する方法

RSIと言えば、オシレーター系指標の代表的な存在として知られています。RSIでは相場の買われすぎや売られすぎを判断してくれます。そのため、特にレンジ相場で有効な指標とされます。買われすぎのサインが出たときには売りでエントリー、売られすぎのサインが出たときには買いでエントリーすれば、その後の為替レートの反転によって利益を上げることができる可能性が高くなります。

このように、一般的にはレンジ相場で使われる指標ですが、トレンド相場では相性が悪いと言われています。例えば上昇トレンドが発生しているとき、当然RSIでは買われすぎが発生します。買われすぎのサインが出たからといって売りでエントリーしても、上昇トレンドの波に飲み込まれて損失を出してしまうことになります。

RSIとは

まず画像を見ながら、RSIについておさらいしておこうと思います。チャートはドル円の一時間足です。ローソク足の下にあるのがRSIです。RSIにはローソク足7本分のものと、14本分のものが表示されています。

RSIとは

次にローソク足の下にあるRSIを見てください。RSIには0%~100%までの数値がふられています。この値で相場の判断を行うことになります。100%に近ければ買われすぎ、0%に近ければ売られすぎと判断することができます。

買われすぎや売られすぎの判断は、一般的に70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎとされています。買われすぎや売られすぎという判断は、特にレンジ相場で有効となります。70%以上で売り、30%以下で買いでのエントリーをすれば利益を得られる確率が高くなるというわけです。

 

押し目(戻り目)でエントリー

それではRSIはレンジ相場でのみ有効かというと、そうではありません。トレンド相場でもRSIを有効に使うことができます。今度はトレンド相場のチャートを見ながらこのことを考えてみましょう。下の画像はドル円の日足です。下降トレンドが発生していることが分かります。

押し目でエントリー

次にRSIを見てみましょう。RSIは先ほどと同じ7本線と14本線です。下降トレンドなので、どちらもおおむね50%以下の値で推移していることが確認できます。ところが、ところどころで、50%に近づき、より敏感に反応する7本線では50%を超える場面もあります。チャートでは緑色の丸印を付けています。

緑色の丸印には垂直に黄色の縦線を入れています。ちょうど真上のローソク足を見ると、下降トレンドの戻り目になっていることが確認できます。つまり、ここが戻り目売りのタイミングとなるのです。戻り目はトレンド最中に反発が起こった場所です。利益確定の決済などから一時的に値戻しがあった箇所ですが、下降トレンドは継続するので利益を得やすくなります。

今回の場合はRSI(7)で50%をエントリーポイントの基準としていますが、これは絶対的な目安ではありません。そのときの相場の状態やRSIの設定によってエントリーの目安は変わってくるので、柔軟に判断を行うようにしましょう。

ダイバージェンスでトレンドの転換を見極める

今度は別の場面を見ていきましょう。ドル円の日足で、上昇トレンド⇒下降トレンド⇒上昇トレンドの順に推移しています。ここで、真ん中の下降トレンドに注目してみてください。

ダイバージェンスでトレンドの転換を見極める

下降トレンドが発生してしばらくは、急な角度で値下がりしていることが分かります。しかし、途中から戻り目が大きくなり、角度も緩やかになっていっていることが分かります。緩やかになっているところのRSIを見ると、緩やかに上昇していることが分かります。このように、ローソク足と反対の方向にテクニカル指標が推移することをダイバージェンス(逆行現象)といいます。

ダイバージェンス(逆行現象)はトレンド転換のサインとして機能し、RSIだけでなく、いくつかのテクニカル指標では重要視される現象です。上のチャートの場合では、もうすぐで下降トレンドから上昇トレンドへ転換するというサインを発してくれています。もしもポジションを持っていれば、イグジット(決済)の準備の目安になります。反対に、これからエントリーをしようと考えていれば、そろそろエントリーの準備をしたほうがよいことになります。

イグジット(決済)

ここまではトレンドの押し目や戻り目、トレンドの転換といったことを見てきました。主にエントリーに関することでしたが、今度はイグジット(決済)について考えていこうと思います。基本的にトレンド相場でのイグジットはトレンドの終焉を迎えたときになります。つまり、先ほど見たようなトレンドの転換、あるいはレンジ相場への移行が起きたときになります。先ほどのチャートで見ると、RSIのラインが50%を抜けた地点です。

イグジット(決済)

ちょうど緑色で印したところが、イグジットポイントポイントにあたります。左側の緑色の丸印では、RSIが50%を上から下に抜けて上昇トレンドが終了、右側の丸印ではRSIが50%を下から上に抜けて下降トレンドの終了を表しています。

ただし、抜けてすぐにイグジットするとダマしに遭ってしまう確率が高くなるので注意が必要です。単に一時的な反発から押し目や戻り目が発生しているだけの可能性も十分にあります。そのためダイバージェンスの発生や、50%を抜けてから再び50%に戻らないことを確認してからイグジット(決済)を行うようにしましょう。

他の指標との併用

ここまでRSIはトレンド相場に適用できるということを説明してきました。とはいっても、やはりRSIだけでは物足りないと感じる人も多いのではないでしょうか。そういうときはテクニカル指標の併用をお勧めします。トレンド相場では移動平均線などのトレンド系の指標が有効になります。下のチャートでは移動平均線を表示させています。

他の指標との併用

先ほどと同じように、まずはRSIでエントリーすることを考えてみましょう。RSIが50%を超えている箇所に緑色の丸印を付けています。RSI単独でエントリーを考えると、この2か所がエントリーポイントになります。しかし、左側の緑色の箇所でエントリーした場合、予想と反対方向に動いてしまい、含み損を抱えてしまうことになります。結果的にはその後値下がりしていますが、含み損を抱えたところで損失を確定してしまう可能性も高いでしょう。

さて、今度は緑色の丸印、真上にある単純移動平均線を見てください。ピンク色の丸印が緑色の丸印に対応しています。これを見ると、ピンク丸印の左側では単純移動平均線が交わっておらず、エントリーのサインが出ていないことが分かります。つまり、単純移動平均線だけを見ると、エントリーすべきではないという判断ができるのです。一方、右側のピンク色の丸印では単純移動平均線の短期線と中期線が交わっています。少し交わった後、再び短期線が中期線から下に離れていく様子が観察できます。これが単純移動平均線の売りでのエントリーサインとなります。事実、単純移動平均線で売りのエントリーサインが出た後、押し目となって値下がりしたことが確認できます。

このように、RSIと単純移動平均線の両方でエントリーのシグナルが出たときのみ、エントリーすればダマシを防ぐことができ、精度を上げることができるでしょう。あるいはRSIは補助程度にして、単純移動平均線のエントリーサインに頼るという手もありでしょう。いずれにしても、テクニカル指標を併用することで精度を上げることができるのです。実際にトレードを積み重ねていって、これであれば勝てるという感覚を掴むようにしましょう。