プロスペクト理論と相場の関係性

相場とプロスペクト理論

プロスペクト理論と相場の関係性FXの経験がある人であれば「プロスペクト理論」を聞いた事があるかと思います。これは、ダニエル・カーネマンとエイモス・ドベルスキーによって考案され、2002年にノーベル経済学賞を受賞した理論のことになります。ですが、不確実性の高い相場の中で、こうした学術理論が効果を発揮するのか、という疑問を抱く人も少なくありませんが、人間の心理は普遍的なものがありますので、無意識的のうちにプロスペクト理論と同じ心理状態に陥っているものなのです。従って、相場とプロスペクト理論は表裏一体ともいえる関係性にあるので、投資を行う上で重要な位置付けとなることが分かるのです。ただ、そうはいっても全ての人が「プロスペクト理論」を理解しているか、と聞かれれば答えは「No」となります。投資を行う以上、メンタルコントロールは必要不可欠となりますが、こうしたメンタル管理の重要性を理解していない個人投資家は数多く存在しているのです。

それが“初心者”というカテゴリーであればあるほどその傾向にあり、メンタル管理の重要性を理解せずにいるので、同様にして「プロスペクト理論」を理解していない場合が多いのです。しかし、相場の怖いところは「プロスペクト理論」を理解しなくとも利益を得る事ができる、という点にあります。相場や市場の心理を理解せずとも、「相場」というのは上がるか、下がるか、のどちらか一方になるので、「プロスペクト理論」という理論理屈を抜きにして、この方向と同じ方向にエントリーすることができれば自ずと利益は上げる事ができるのです。しかし、“一か八か”という山勘で勝てるのも相場ですが、勝てないのも相場なのです。何故なら、「相場」というのは不確実性が高い動きの中でも、過去と同じ動きをする局面が存在しているからです。市場参加者が相場を形成しているからこそ、過去と同じ動きをする局面が存在しており、その市場参加者の大部分が「プロスペクト理論」を熟知しているので、投資をする上で「プロスペクト理論」の理解が必要不可欠ともいえるのではないでしょうか。

プロスペクト理論の真髄

投資経験が浅い人からすれば「プロスペクト理論」と聞くと、小難しい話しに感じてしまい、内容を理解する以前に情報を遮断してしまうかもしれません。しかし、プロスペクト理論は難しい話ではなく、人間の心理についてあらわした理論であり、投資経験者であれば多くの人が肌で感じたことのある内容となるので、比較的理解し易い理論となるかと思います。その内容を簡潔に説明すると「損失は先延ばし、利益は瞬時に確定」ということです。つまり、「損大利小」ということです。投資を経験したことがある人であれば、心当たりがあるかもしれませんが、保有しているポジションが損失である時に、多くの人は“損切り”をすることができません。あるいは、リスクを冒して損失を取り戻そうとします。これは、「すぐ値が戻る」、「損失を出来るだけ減らしたい」、「いつか損失が利益へと好転する」、といった損失を最小限に抑えたいとする欲望を抑える事ができないために、損失を先延ばしにしたりリスクを冒す行動に繋がったりしてしまうのです。反対に、利益が出た際は損失になることを恐れてすぐに確定させてしまう行動を取ってしまうのです。早めに利益を確定させてしまい、「もう少し待っておけばよかった」、「チャートを見ずに放置しとけばよかった」、など損失の場合とは対照的な行動をとってしまうものです。

プロスペクト理論の実験

プロスペクト理論の心理実験を参考にして、以下の質問に対しての行動を考えてみて下さい。

「質問①:お金をもらえるとしたらどちらを選びますか?」

A:無条件で100万円を手にする事ができる
B;コイントスを行い、表がでたら200万円となり裏が出たら0円となる

ほとんどの場合、この質問に対しての答えはAになります。これは、ギャンブル性の高いBを選択するよりも「無条件で100万円貰える」という確実にお金を貰えるAを選択する場合が多いからです。

「質問②:あなたが借金200万円を抱えているとしたらどちらを選びますか?」

A:無条件で借金100万を減らして残りの借金を100万円にする
B:コイントスを行い、表がでたら借金が帳消しとなり裏がでたら借金200万円のままとなる

殆どの場合、この質問に対しての答えはBになります。これは、何もすることなく借金が残るAよりも、リスクを冒してでも借金を帳消しにできるBを選択する場合が多いからです。

この2つの実験結果からも、「お金が得られる場合は確実に貰える選択」をして「損失が出ている場合はリスクを冒して損失を減らす選択」をするといえるのです。投資の経験者であればこうしたトレード中にこうした心理状態になるかと思いますが、プロスペクト理論を克服する事ができなければ相場から退場するのも時間の問題となってしまうのです。

相場における損失回避

相場の関係性プロスペクト理論は人間において普遍的なものになります。しかしながら、「損大利小」というトレードを繰り返していては資金を失うのも時間との戦いになってしまうので、克服する事ができなければ投資の世界で勝つこともできなくなってしまうでしょう。ですが、プロスペクト理論でもある“損失回避”というのは相場に生き残る上でも重要な考え方となります。問題なのは、損失を回避させる為の手段や思考であり、これらが正しいベクトルに向かっていなければ損失を増大させてしまうだけなのです。

例えば、ポジションで含み損を抱えた時にプロスペクト理論から考えると、ナンピンしたりポジションを保有し続けたりする心理が働きます。これも「損失を出したくない」という損失回避になりますが、そこでナンピンや保有を続けるのではなく、“損切り”という損失回避を選択できるようにならなければいけないのです。計画性や戦略を考慮した上での選択であれば何の問題もありませんが、多くの場合その限りではないので“損切り”という損失回避が無意識的に出来るように日頃のトレードで意識しなければなりません。しかし、「損失を小さくする」という損失回避を習得することができれば損小利大のトレードの実現に大きく近づくので試す価値は十分あるといえるでしょう。

プロスペクト理論から考える勝つ為のマインドセット

プロスペクト理論は人間の心理をあらわしたものになりますが、この理論通りのトレードを続けていてはいつまでも勝てるようにはならないでしょう。これは、無意識的に損大利少トレードを行っているからであり、損失が大きいぶん収支がマイナスとなってしまうから他なりません。そこで、「FX」というのは技術だけではなくメンタルも同様に重要な位置付けとなる事が分かりますが、FXで勝つ事ができない人はメンタルの重要性を理解していない傾向にあります。その為、プロスペクト理論を理解していない場合や理解はしていても対策せずにいる場合が圧倒的に多いのです。FXにおけるマインドセットはいくつもありますが、重要なのは「トレード結果を気にしない」、「一貫したトレード」、「確率論で考える」ということです。プロスペクト理論のようにポジションを抱える際に気持ちが揺らいでしまえばトレードに影響がでてしまうので、いかにして相場から感情を排除するか、という点を意識してトレードに努めるようにして下さい。