FX夢現オフィシャルWEBサイト

FX勝ち組トレーダーになるための手法や実践情報をお届けします

FXトレードに影響する3つの人間心理に根ざした失敗の罠とは?

FXの取引には、人間の心理に根ざした様々な罠が潜んでいます。FXの取引を行っていただくと分かると思いますが、私たちは結構その罠に翻弄されてしまうことがあります。今回は、そのいくつかの例を心理学的な側面からお話ししたいと思います。

損切りができない心理

FXトレードに影響する人間心理損切りを行うことは、自分の資産を守るために必須の事柄です。ところが、損を嫌って損切りを入れない状態で取引を行い、あれよあれよという間に含み損が大きく膨らんで、最後はロスカットで財産を失う人や、持ちこたえられなくなって大きな損を切る羽目に陥る人もいます。

私たち人間に共通する心理として、損失がある一定の大きさを超えるまではビクビクするのですが、ある大きさを超えてしまうと気持ちが逆に大きくなって、何の根拠もないのに「これぐらいの損失は挽回できるだろう」と思ってしまうことがあります。失うものに対して寛大になるのですね。

例えば、5000円の会費を支払ってじゃんけん大会に参加したとします。じゃんけんに勝てば10000円がもらえ,じゃんけんに負ければ会費の5000円を没収されるとします。あなたは1回目のじゃんけんで負け、5000円を没収されたとします。

「もう一度、同じ条件でじゃんけんをする機会をあげます」

と言われた時、あなたはもう一度じゃんけんをするでしょうか、それとも5000円を損したままで止めるめでしょうか。

この場合、多くの人が再度じゃんけんにチャレンジするという心理学の実験結果が出ています。
私たちは、次回も5000円を損した場合、損失の合計が10000円になるにもかかわらず、損失を被った5000円を取り戻そうとするのです。一度損してしまうと、次の損失に対して寛大になってしまうのですね。これが、第一の罠です。

そしてそれもまた一定の大きさを超えると、今度は現実を見たくないという心理が働きます。現実を見ると失敗を感じたり、手の打ちようがなくて途方にくれたりする時に感じるネガティブな感情が嫌で、そのまま放置してしまうのですね。いわゆる塩漬けの状態です。

このような罠を避けるためには、予め損失幅を限定するための損切りポイントを必ず設定しておく必要があります。また、よほどの裏付けがない限り、相場の進展に伴い損切りポイントを深い方向へと動かす事も厳禁です。その先に待っている、取り返しのつかない大きな損失を被らないようにしましょう。

利益確定が早すぎる心理

私たちには、手に入れたものは失いたくないという心の動きがあります。例えば、皆さんに仕事をしてもらい、そのアルバイト代として5000円お支払いしたとします。お支払いが済んだ後に、

「それではみなさんのお手元にある5000円を使ってゲームをしましょう。私とじゃんけんをして勝ったらその5000円が10000円になります。しかし負けたら5000円は没収します」

とお誘いしたとします。

あなたはこのゲームに参加されますか?それとも既にもらった5000円をそのまま持ち帰りますか?この心理学の実験では、じゃんけんゲームに参加せずにもらった5000円をそのまま持ち帰ると答えた方が圧倒的に多くなりました。

一度手にしたものは、たとえ倍になるとしても手放したくはないのですね。これが、利益確定を早くしたくなる心の動きの一つです。

さらにもう一つ、別の心理が働きます。得られるものは早く手にしたいという心理です。先ほどと同じように皆さんに仕事をしてもらい、そのアルバイト代として5000円をお支払いすることとします。

「皆さんにアルバイト代をお支払いするのですが、今のお支払いであれば、約束した5000円をそのままお支払いします。1ヶ月お待ちいただければ、倍の10000円をお支払いします」という提案があったとします。

あなたは今5000円を受け取りますか?それとも1ヶ月待って10000円を受け取りますか?

この心理学の実験では、今5000円を受け取ると回答した人が多くなりました。1ヶ月待てば確実に受け取る金額が多くなるにもかかわらず、今お金を得られる方を選択するのです。
FXでは、確実性が低下することも相まって、今得られるお金は、今手にしておこうという気持ちが働きます。これらの心理が、利益確定を急ぐ行動となり、伸ばせる利益の青田刈りをしてしまうのです。

相場には「天井売らず、底買わず」という格言があります。自分の勝手な判断で、天井をつけたとか、底をつけたと判断するのではなく、客観的な事実に基づいて天井や底を見極め、トレンドが反転したことが明らかになってから売買するという意味です。その方が、確実に利益が伸ばせ、リスクを減らせるのです。自分の感情に流されずに、利益が伸ばせる自分の決済ルールを揺るぎなく適用することを心がけてください。

エントリーが遅くなる心理

3つの人間心理に根ざした失敗の罠とは比較的長いスパンで取引をする場合にはあまり影響しませんが、スキャルピングなど短い時間で取引する場合には、できるだけ良いポジションを持つことが大切です。しかしながら、自分の読みに自信がないとエントリーが遅れてしまい、利益が小さくなる場合や、高値づかみや安値売りをして損失を出してしまうことになります。

よくある例に、エントリーした途端に相場が反転したなどというのがありますね。これは相場が読めていないことも一因としてありますが、エントリーが遅いということも一因として挙げられます。

私たちの心は、怖い事に対して強い興味を抱きます。例えば、怖くないお化け屋敷に行きたいと思う人や、怖くないジェットコースターに乗りたいと思う人はいませんね。「あのジェットコースターはすごいらしいぞ」と興味を抱くのは、とてもスリリングなでジェットコースターです。怖れに着目してしまうと、様々な悪い状況が頭の中をよぎり、一歩目を踏み出すことを躊躇してしまいます。そうしてエントリーの遅れから、失敗をしてしまうのです。

相場に限らずどんなことでもそうなのですが、多くの場合、失敗は私たち自身が失敗することを信頼していることにより生じます。例えば、今何の変哲もないお皿を手にしていたとします。これは普通に手に持っていられますね。しかし、そのお皿の持ち主から急に「それは1千万円するお皿だよ」と言われるとどうなるでしょうか。落としてはいけないと、手が震えださないでしょうか。そして、その手の震えでお皿を落としてしまう可能性が高くなりますね。

私たちには、絶対に失敗してはいけないと思うほど、失敗するかも知れないという強い気持ちが働きます。その失敗をすることに対する信頼の結果、逆に緊張して失敗を招きやすくなるのです。

ところで、怖れを克服する最もオーソドックスな方法は、怖れに慣れることです。例えば、高所恐怖症の人は、高いところに登った時に自分が下へ落ちてしまうのではないか、そういう行動をとるのではないかという不安を抱いています。その不安を解消する方法は、そうならないことを経験することです。すなわち、高いところに登ってみる経験を重ねて、慣れるということです。

FXの話に戻せば、エントリーが遅くなるのは、エントリーに失敗するのではないかと不安が頭をよぎり、一瞬の躊躇をしてしまうからなのです。そしてより相場の方向性が明確になったところでエントリーをしようとして、タイミングが遅れてしまうのです。

この不安を克服するには、高所恐怖症の例と同様に、躊躇なくエントリーを行ってみて慣れることです。それは、デモトレードでも十分に効果を得ることができます。もし躊躇なくエントリーを行っても相場が思った方向に動かないのであれば、それは相場が読めていないという根本的な問題になります。怖れの問題とは別の次元の問題です。

自分のエントリー方法が確立して慣れてくると、怖れに惑わされることなく自分の勝ちパターンでエントリーを行うことができるようになります。
とにかく、やってみることです。

FXの失敗の原因は自分で解消できる

以上、FXに関する心理と失敗の罠についてお話ししてきました。失敗の原因が心理にあるということは、自分自身の内側に問題があるということですから、自分で解消できるということです。自分の心と向き合って、失敗の罠にはまらないように取引方法を改善していってください。