FX夢現オフィシャルWEBサイト

FX勝ち組トレーダーになるための手法や実践情報をお届けします

会社員がFXを副業で行うために必要な準備とリスク

2018年において日本の雇用は変化が如実に表れる年といっても過言ではありません。昭和の時代には、高度経済成長期と終身雇用制度によって会社員としての地位は安定していました。しかし、バブル崩壊後の日本の雇用制度は徐々に変わり、最近よく耳にする働き方改革という言葉に関係するように、会社員の働き方も多様な働き方を求められる時代になってきました。例えば、最近作られた言葉として複業があります。副業はあくまで本業があり、空いた時間にバイトやネットビジネスを行う感覚でした。対して複業は会社員としての業務もFXなどのサイドビジネスも全て本業という感覚を表した言葉です。

会社員が副業・複業としてFXを行うには会社規則の確認と確定申告に注意

FXを副業・複業にすること そもそも会社員が副業をしていいのかという大きな疑問を抱えている方は少なくないです。現在は会社規則に副業が許可されていれば行ってもよいというのが一般的な認識といってよいでしょう。しかし、それでも確定申告時に会社にFX取引していることを知られたくないという方もいると考えられます。

なぜ、FXなどをしていることが会社にバレるかというと、確定申告時にFXで得た利益がある分他の社員よりも所得が多くなり必然的に納める所得税も多くなります。そして住民税の額も変わります。結果的に副収入があるのではないかということに会社側気づくということです。もし、そのようなことを防ぎたいのであればFXで得た利益を確定申告する時に住民税の徴収を普通徴収にすることです。普通徴収とは、自分で支払う方法で対して特別徴収は会社の給与と合算して支払うという方法です。通常は特別徴収として支払うのが一般的になっているので何もしないとFXの利益と会社の給与が合算されてしまいます。

会社員が副業としてFXを行うことは、一般的には会社規則に則って行うことが正しい方法です。しかし、認められていてもあまり知られたくないという場合には、確定申告時の住民税の徴収と普通徴収に切り替えることである程度防ぐことが出来ます。

会社員がFX取引を行う為の準備

会社規則でFXなどの副業が認められていて、且つこれからFXを始めようとしている会社員がまず何を準備すればよいかということで悩むでしょう。
ひとつは、資金計画です。FXが初めてという人にとって、自己資金を投資に使うことに対して心理的にとても緊張するでしょう。ですが、抑えておくべきポイントを知っておけば、悩まずに取引まで行動できるはずです。

資金の準備
FXには保証金制度があり、一般的に最低30万円を証券会社に担保として預けなければいけません。ですので、生活費とは別に余裕のあるお金から30万円程度を用意することが大切です。よくある間違いとして、生活費を削ってFXの投資資金に回すという方もいますが、FXには元本保証はありません。0円になることもあります。生活が苦しくなるような状況になりそうであれば、FXを始める前に自己資金に余裕があるか確認しましょう。

取引の基礎知識
ネット証券が誕生してから一般にも投資というのが身近に感じるものとなりました。逆に考えれば初心者でも簡単に手を出すことが出来るツールになったということです。しかし、FXに関する基礎知識がなければ、1日で市場から退場する厳しい世界でもあります。最近では初心者向けFX書籍が充実しているので、最低でも1冊は購入し読み切ります。

口座開設
証券会社で口座開設しなければFX業者を通して取引を行うことは出来ません。まずは、どのようなFX会社があるのか下調べをして、出来れば複数の口座開設をすることがおすすめです。理由としては、FX会社によってさまざまな取引ツールやスプレッドの差、スタイルも違うので、まず自分がトレードに慣れてからどのような業者の方針と合うのか見極めてから一つの口座に絞るという方法も選ぶことも出来るからです。

端末を用意する
端末といっても最近の会社員のほとんどがスマートフォンやタブレットを所持しています。又パソコンの所持率も高いでしょう。FXは市場の変動が激しく秒単位で価格が変化します。そのような状況で会社員が外でも取引出来るようにするには、スマートフォンかタブレットにFX取引が出来る状況を作っておくことが大事です。最近では各ネット証券会社がアプリを提供しているので、アプリから取引を簡単に行うことが出来るようになっています。会社員にとって不利な時間の拘束に対処する為にも、いつでも取引出来る環境作りが大切です。

大きなメリットは会社員であること

専業トレーダーは大きな利益を得やすい反面、損失が発生したときのカバーもFXで埋めなければいけません。もっと厳しい分析をすると生活に影響してくるということです。会社員は、給与以上の損失を出さなければ、FXが生活に影響を及ぼすリスクを抑えることが出来ます。これは会社員であるがゆえの大きなメリットといえます。専業トレーダーであると、少なくとも毎日利益を多少でも出さなければ生活が厳しくなってしまいます。この違いが心理的にも作用するので、初心者でも落ち着いたトレードが可能になり冷静な分析もしやすいです。

FXで他のメリットは、ハイリターンであることが挙げられます。株式投資も大きな利益を狙える場合もありますが、FXは短期間で資産を何倍にも増やせる機能やチャンスが多いことが違いになります。では資産を何倍にも増やすにはどうするのかという疑問が湧く人もいますが、ひとつがレバレッジという機能です。
レバレッジとはてこの原理です。てこの原理とは、例えば自己資金の内10万円をドル円の通貨ペアに買いを入れたとします。株式の現物取引であればこの時取引出来る金額は10万円でになります。しかし、FXでは10万円の自己資金から、例えば10倍の取引が出来る選択肢もあるのです。そして、10万円が100万円で取引出来るようになれば、利益も10倍になります。このようにレバレッジというのがあるおかげで、自己資金が少なくとも何倍もの取引額で取引が可能になるということです。

デメリットは機会損失による利益を出しにくいこと

会社員がFXを行う為に必要な準備とリスク会社員が副業としてFXを行うことのデメリットのひとつが、利益のチャンスを逃がしてしまうことです。会社員には暇な時間というのがほとんどありません。取引が休日であればまだしも仕事の日であれば、会議であったり残業や夜勤といった、様々な場面によりFX取引を行う時間が取りにくくなります。このことにより、大きな利益を狙えるチャートであっても仕事で大事な瞬間であればそちらを優先させるのが当然になります。会社員であるがゆえに、FXへリソースを100パーセント注ぐことが出来ない歯がゆさもありますが、会社員の給与があってことのFXであることを忘れないことも大切です。

他にFXのデメリットとしては、ハイリスクが挙げられます。先ほどのメリットにもあったレバレッジというルールにより大きな利益が狙えると、説明しましたが逆に考えれば損失が出たときはレバレッジが利いた分の金額が損失として返ってきます。
FXには保証金制度があり、もし保証金が最低金額を下回ると即座に不足分を入金しないと取引不可になります。これは、先程のような損失が出てしまった場合、マイナス分は借金と同じで証券会社に不足分を支払わなければいけません。これを防ぐ為に最低保証金を設定することで、トレーダーにとって負担が大きくならないようなストッパーとしての役割を果たしています。

FXにおいて常に意識しなければいけないハイリスクという課題ですが、初心者がそのデメリットを抑えるためには自己資金を少なめにすることや、レバレッジを高く設定しすぎないことが大切です。

FXのリスクを事前に覚えることが大切

先程の説明にも少し出てきたFXのリスク、ハイリスクということを説明しましたが他にもリスクは存在します。

・為替相場の変動リスク
・金利変動リスク
・流動性リスク
・システム障害
・取引業者の信頼性や安全性

これらもリスク要因として挙げられます。特に最初の3項目に関してはFXトレードを行う上で必ず学ばなければならない知識です。FXというのは通貨同士の差額から利益を得たり、通貨金利差で利益を得ることの2つがリターンになります。そして、相場は常に変化しておりそれに連動して金利も変化します。これらの変化が起きているのにも関わらず売買出来ない相場も存在し、それが流動性のリスクになります。

このように、FXを副業として選ぶには楽しいことばかりではありません。しっかりと取引の基礎知識、資金管理、リスク要因を理解するということが副収入の役割を果たす為の大切なポイントになります。