FX夢現オフィシャルWEBサイト

FX勝ち組トレーダーになるための手法や実践情報をお届けします

FXテクニカル分析からみる「ダマシ」回避の具体的方法

FXの取引を行う際に、為替相場のこれまでの経緯を確認するために使用するのが「チャート」になります。チャートは、「ローソク足チャート」が一般的で、上昇や下降の幅などを一目で把握することができ、とても便利です。このチャートを分析して今後の相場の変動を予想していくのが「テクニカル分析」になります。

これまでも様々なテクニカル指標や分析方法をご紹介してきました。多くのトレーダーが自分なりに「使いやすい」または「効果がある」と感じたテクニカル指標を参考にして分析していますが、そんなトレーダーたちを悩ますのが「ダマシ」です。今回は、テクニカル分析を行う上で要注意となる「ダマシ」についてお伝えしていきます。

テクニカル分析の「ダマシ」とは

【FXで勝つための知識】テクニカル分析からみるエントリーのタイミングテクニカル分析でトレードをしていると、「ダマシに引っかかった」という経験を誰もが一度はするのではないでしょうか。これはFX初心者に限った話ではありません。ベテランのトレーダーになっても「ダマシ」に引っかかることはあるのです。

「ダマシ」とはどのようなものなのでしょうか。これは簡単に説明すると、「テクニカル分析から買いや売りのシグナルを読み取り、トレードすると、相場がその逆に動き出す」というものです。勝つためのヒントだと思ったものが、実は罠だったということになります。そしてこの「ダマシ」に引っかかると、「上昇トレンドだから買ったのに下がり、慌ててトレンドが転換したのかと思って売ったら逆に上がる」という悪循環に陥りがちです。

これはもちろん特定の個人投資家を狙った罠ではなく、特定の大型投機機関が罠を張ったわけでもありません。たまたまそのような現象になったと考えるべきでしょう。だからこそいつでも起こり得ることなのです。

典型的な「ダマシ」であるブレイクアウト

「ダマシ」のタイミングとして最も気をつけていきたいのが、「ブレイクアウト」の際の「ダマシ」です。チャートを分析していくと、何度も相場の上昇を跳ね返してきた「レジスタンスライン」や、下降を跳ね返してきた「サポートライン」があることに気がつきます。そしてこのラインをブレイクすると、大きなトレンドが発生する可能性が高くなるのです。エントリーする絶好のチャンスといえます。

なぜ大きなトレンドが発生するのかというと、多くの投資家がこの「節目」をマークしているからです。レジスタンスラインをブレークしたタイミングで、一斉に買いが入ります。さらにこのラインを「ストップロス」に設定している投資家も多いので、上昇がさらに加速することになります。

しかし、ここに罠がある場合があるのです。レジスタンスラインをブレイクしたのでエントリーすると、いきなり反転してレジスタンスより下のレンジに戻るという「ダマシ」です。再度ブレイクするかと期待して待っていると、今度は下降し始め、サポートラインをブレイクすることすらあります。つまり、ブレイクアウトは必ずしもエントリーチャンスとは限らないということになります。

なぜブレイクアウトしたのに「ダマシ」になるのか

では、どうしてレジスタンスラインをブレイクしたのに上昇トレンドが発生せずにレートが戻ったのでしょうか?これは要因がいくつか考えられます。為替相場の変動は、「買いと売りの綱引き」です。買いの方が力が強いと上昇しますし、売りの方が力が強いと下降します。トレンドが発生しなかったのは、この力関係によるものです。

レジスタンスラインをブレイクしたのに、買いの力が弱るのは、そこで多くの投資家が利益確定したことが考えられます。売りの力が強くなります。さらに「ダマシ」になることを予想してブレークした途端に売りに出した投資家も多かったかもしれません。思ったよりも上昇が弱いので、これは「ダマシ」だと推測して慌てて売りに出したことも重なっているでしょう。

こうして急激に売りが強くなり相場は下降していくことになります。

「ダマシ」に引っかからない方法

「ダマシ」にはどうやって対応していくのか絶対に「ダマシ」に引っかかりたくなければ話は簡単です。ブレークしてもエントリーしなければいいのです。買うことも売ることもしなければ、「ダマシ」に引っかかることはありません。しかしこれではいつまで経ってもエントリーできませんね。エントリーしなければトレンドに乗ることはおろか、わずかな利益を出すことすらもできません。どこかで勇気を持ってエントリーする必要があります。

「ダマシ」に引っかかることを予防する方法として、よく使用されている方法は2パターンです。ひとつは、「ブレークしてもいきなりはエントリーしない」というものになります。「ダマシ」でないか確認してからエントリーするわけです。エントリーするタイミングを意図的に少しだけ遅らせます。これはとても効果的な方法なのですが、デメリットもあり、本当にトレンドが発生した場合に乗り遅れるのです。エントリーは遅れた分だけ獲得できる利益が減ることになります。

もうひとつは、「複数のインジケーターを確認する」というものです。これまでもテクニカル指標は様々ご紹介してきましたが、「レンジ相場」で威力を発揮する「オシレーター系指標」もあれば、トレンドの発生を示す「トレンド系指標」もあります。

たとえば、「移動平均線」の短期線と中期線でトレンドを確認しつつ、買われ過ぎや売られ過ぎを表す「RSI」も確認するといった方法になります。他にもサブチャートをふたつ利用して、トレンド確認用の「MACD」とレンジ相場用の「ストキャスティクス」を表示するという方法もあります。トレンドを確認するものと、もみ合いに強い指標を組み合わせるのです。

ただ、だからといってたくさんのインジケーターを使用すればいいというわけではありません。特にメインチャートに表示される指標は重なり過ぎると見にくくなり、逆効果になるからです。バランスよく組み合わせることが大切です。

また、分析するチャートも短い期間だと「ダマシ」の影響を受けやすくなります。「日足」よりも「5分足」のチャートの方が、「ダマシ」が発生しやすいのです。トレードとしては短い時間足チャートを参考にする「スキャルピング」よりも、長い時間足チャートを参考にする「デイトレード」や「スイングトレード」の方が、「ダマシ」が少なくなります。

それでも「ダマシ」に引っかかったら

リスク回避のために万全の準備をしていても「ダマシ」に引っかかることはあります。利益を求める以上は一定のリスクは避けられません。100%「ダマシ」を回避する方法はないのです。ですから、仮に「ダマシ」に引っかかった場合にどのような対応をするのか事前に決めておいた方がいいでしょう。すぐに「損切り」すれば損失は最小限に抑えることができます。無難な方法です。「ダマシ」に引っかかったらすっぱりと諦めて次のチャンスを待つことも選択肢のひとつです。一度反発してから再度ブレークしてトレンドになることもありますので、10pipsまでのマイナスまでは我慢して待つというようにルールを設定してもいいでしょう。

どちらにせよ、「ダマシ」に引っかかってそのまま放置しておくと、反対のトレンドが強まり大きな損失につながる可能性がありますので注意が必要です。チャートの節目は「チャンス」でもあり「危険な罠」でもあります。多くの投資家の心理が投影され、駆け引きが集中するトレードの要になりますので、知識と経験を積んで「ダマシを回避し、トレンドに乗る」ことを目指してください。これでFXの勝率や利益は大きく変わってきますよ。